精神病診断をしてみよう【遠慮せずに不安を訴える】
医者

心の不調が続くなどの症状

心の病気と呼ばれるものはいくつか種類があり、これらにかかっているか判断するのが精神病診断です。主に心療内科や精神科で診察をしてもらい判断しますが、いくつかのチェック項目があるため自分でも精神病の疑いがあるかを調べる事が出来ます。

詳しく見る

看護師

まずは自覚しよう

精神病診断で精神病と診断されたら、病院では主に身体的治療と心理的治療の二つが治療として行われます。精神病の特徴は、決して治らない病気ではないという事と、初期段階ならばより治りやすいというものがあります。

詳しく見る

病院

国の制度を活用しましょう

うつ病や双極性障害、統合失調症などの精神病に罹る人が増加しています。気になる症状が見られる時は、精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診すると、問診やカウンセリング、診察などで精神病診断が付くことが多いです。

詳しく見る

女医

医師との相性が大切

精神病診断には患者と医師の相性が良いことが大切です。それに加えて治療を継続させるためには通いやすい場所にあるところを選びましょう。精神病は最初は症状が軽度のこともありますが、本人が気付かない場合には家族が受診させる必要があります。

詳しく見る

生きづらさを和らげるには

男性医師

正確な診断のために

現在ネット上には、うつ病やパニック障害や適応障害など、さまざまな精神病に関する情報が溢れています。簡単なチェックシートを見ることもできるので、自己診断してみたことがある方も多いでしょう。しかし簡易テストで「自分はうつ病だ」などと決めつけてしまうのは、実は危険なことです。たとえばうつ病と双極性障害では、症状は似ていますが適切な治療法は異なります。間違った薬を服用すると、治らないばかりか悪化する恐れもあるので注意が必要です。適切な治療を行うには、精神科や心療内科で精神病診断を受けることが大切です。幻覚や幻聴があるような場合は、明らかに精神病と診断されることが多くなります。よく眠れないとか落ち込みから立ち直れないといった症状があり、生きづらさを感じている方も、精神病診断を受けて自分の状態を把握すると良いでしょう。もちろん診察の結果、精神病ではないと診断される場合もあります。他の臓器に病気が見つかる可能性もありますが、単に気の持ちようで辛い症状が回復するケースもあります。とにかくまず診断を受けてみないと、どこが悪いのか正確には分かりません。原因不明の体の不調に悩んでいる方も、精神病診断を受けてみることをお勧めします。精神病は病原体があるわけではないので、血液検査や尿検査では診断できません。脳波を調べることで病名の判断はある程度まで可能ですが、精神病かどうかの診断はもっぱら本人と医師との面接により行います。精神病診断は簡単なことではなく、じっくり行えば1時間以上かかりますし、何度も面接が必要な場合もあります。面接のとき大切なのは、できるだけ正直に質問に答えることです。病気と思われたら嫌だとか、恥ずかしいとかいう理由で隠し事をしていると、正確に診断できない恐れがあります。とはいえ重要な事実に本人も気づいていないことがあるので、いつも正しい診断ができるとは限りません。病気が進行してから初めて現れる症状もあるため、診断のたびに病名が変わるケースもあります。また精神病の薬は即効性はないことが多く、精神病診断の結果が間違っているのではないかと感じることもあるでしょう。主治医を信頼できないと、治療の効果も低くなってしまいます。そんなときは遠慮せずに不安を訴え、納得できるまで説明してもらうことが大切です。必要ならば別の医師を紹介してもらい、セカンドオピニオンを求めるのも悪くありません。それを嫌がるようなクリニックは敬遠するのが無難といえます。