心の不調が続くなどの症状|精神病診断をしてみよう【遠慮せずに不安を訴える】

心の不調が続くなどの症状

医者

自覚をする事が大切

仕事でのストレスや対人関係などが原因となって心の病気になる方も多く、これらにかかっているか調べる事が出来る精神病診断が注目されています。本格的な精神病診断は専門の医師が行いますが、自覚症状がない場合は心療内科や精神科に通う機会を作らないため自分自身でもチェックをする事が重要です。一般的によく知られている心の病気としてはうつ病が有名ですが、不眠の症状が2週間以上続いたり気持ちが暗い状態が長時間続いたりするなどの判断基準があります。また、身だしなみに構わなくなった場合や、過食など食生活が極端になる場合も多く自覚症状が出やすいのが特徴です。一方で、適応障害のように日常生活などは普通に過ごしているにもかかわらず、ある特定の事のみ拒否したり気持ちが極端に落ち込んだりするなどの症状の場合は自分も他人も気づきにくいと言えます。症状が軽いうちはどの病気であっても日常生活に支障がない程度で収まる事もあるため、支障が生じた場合には専門家に相談するという方も多くいます。また、アルコール依存症や多重人格障害のように行動の内容によっては家族や他人に影響を及ぼすものもあり、これらの場合は他者からの指摘も大切です。ひどくなる前に家族が判断して病院に一緒に同伴するなど、治療を行うのがオススメです。パニック障害やうつ病などの心の病には数多く種類がありますが、日常生活を普通に送れなくなるなどの特徴があり、これらを精神病診断の基準として考えられています。特に、眠れない日が続く不眠症や食事がとれなくなる摂食障害などの症状は、精神病診断の中でも判断基準が分かりやすく、自覚症状が出やすい病気です。何かを行う気力が失われたり社会に馴染めないなどの自覚症状が出ていたりする場合は、うつ病であるケースも多く、心療内科や精神科でケアを行うと症状を和らげる事が出来ます。合併症として現れやすい病気としてはパーソナリティ障害が挙げられ、考えが極端になりやすいという特徴があります。パーソナリティ障害は他人に気づかれにくく、うつ病などの他の心の病気を治療していくうちに判明するタイプの病気です。また、多重人格障害のように自分自身の記憶がなくなってしまうタイプのものは、家族や他人が指摘をする事で気づく事も多く、周囲の協力が大切です。アルコール依存症のように、気持ちの問題だけではなく実際に飲酒をする事で暴力的な性格になる場合や、周囲の人間が止めても断酒が出来ないなど、1つの物事への依存性が高いタイプの病気もいくつかあります。依存症の回復を専門とする施設もあり、入院をして依存状態から抜け出すケアを行なっています。