国の制度を活用しましょう|精神病診断をしてみよう【遠慮せずに不安を訴える】

国の制度を活用しましょう

病院

早めに医療機関を受診する

仕事や人間関係で強いストレスを感じている時や、結婚や就職、出産などの環境の変化があった時は、うつ病や不安神経症、双極性障害、統合失調症などの精神病に罹る可能性があります。精神病は誰でも罹る可能性がありますが、抑うつ状態や意欲や気力の低下が長く続いたり、躁とうつを繰り返して日常生活に悪影響が出てしまったり、幻覚や妄想、幻聴などの症状が見られることがあります。精神病が疑われる時は、精神神経科のクリニックや病院、心療内科を受診しましょう。病院やクリニックでは、専門的な知識を持った医師や医療スタッフによる、問診やカウンセリング、診察などが受けられるので、病気の診断が付くことが多いです。双極性障害は躁の時は、仕事や家事をてきぱきとこなせるため、周囲の人は気づきにくいですが、お金を浪費したり、夜眠らなくなったりするなどの症状が見られたら、家族が病院に付き添ってあげて下さい。統合失調症は考えがまとまらなくなったり、幻覚や妄想などが見られたりする病気ですが、本人には病識がないことが多いので、家族が説得して通院をさせることが大事です。精神病診断が付いたら、適切な治療法を提案してくれます。精神病診断されたら、十分な休息や睡眠を心掛けることも大事です。うつ病や双極性障害、不安神経症などの精神病は、現代は増加傾向にあるため、10代から、50代以降の人まで、幅広い年代の人が精神神経科の病院に入院をしたり、通院の治療を受けたりしています。問診やカウンセリング、家族の話などを聞いて、精神病診断されると、抗不安薬や抗うつ剤、睡眠導入剤などの医薬品を処方してくれます。精神病診断されたばかりの時は、比較的軽い薬を処方されることが多く、3、4か月ぐらい続けていると辛い症状が緩和することも多いです。精神病診断されると、一週間に1回から、2週間に一度通院をしますが、症状が改善してくると薬を減薬してもらったり、通院の回数を減らしてもらえたりします。精神病の薬は基本的には、保険適用が受けられるので3割負担ですが、経済的な負担を減らしたい場合は、障害者自立支援医療などの制度を利用することで、薬代が1割負担になります。市役所や役場などで申し込みができるので、窓口で相談してみると良いでしょう。精神病は他の病気とは違い、通院期間が長引くケースもあるため、国の制度をうまく活用すると良いでしょう。口コミで評価の高い精神神経科の病院は、信頼できる医師や医療スタッフが在籍をしているので、一人一人の症状に合った治療法を提案してくれます。